2018年4月9日、地域ならではの農林水産物や食品のブランドを守る国の「地理的表示(GI)保護制度」に、対馬市で栽培されている「対州そば」が長崎県内で初めて登録されました。 (農林水産大臣登録 第61号)

店舗休業期間のお知らせ

【飲食店舗の休業期間】令和3年4月25日 〜 令和3年5月6日 まで

コロナ対策に伴い飲食店舗営業(通信販売対応・製造を除く)休業いたします。

通販商品の出荷は通常通り対応させて頂きます。

​詳細はこちらをご確認ください

top-img1.jpg
top-t1.jpg

当店が提供している「対州そば」は縄文時代後期に大陸から日本に最も早く伝わった原種に近い品種で、日本各地の蕎麦と比べると食味・風味に優れ、蕎麦本来の苦味を有すると蕎麦通の方々からご好評頂いております。自然な状態を保ちながら受粉が行えるよう畑の近くに日本ミツバチの巣を設け、一粒一粒しっかりとした実になるよう見守られ育った蕎麦の実。『対州そば匠』ではその実を最大限に活かせるよう、生産者様から直接仕入れ、当店の設備内で実の選別・磨き・脱皮・石臼製粉を行っています。職人の目で各工程を一環して行うことで、最良の状態で安定した美味しい麺づくりに取り組んでいます。

top-t2.jpg

同じ蕎麦の実でも、日々の気温・湿度に合わせて水加減や麺の伸ばし方など調整をしなければなりません。対馬の女性の多くは、代々伝わるそば打ちの極意を子供の頃から学び育ってきました。長年の経験から培われた伝統製法と、添加物を使わず、全工程を手作業で丁寧に行うことで生まれる麺の味・喉越しは、蕎麦の本来の深い味わいを堪能できる珠玉の逸品です。

top-img2.jpg
top-img3.jpg
top-t3.jpg

当店オリジナル「地鶏しいたけスープ」は、対馬産の地鶏と椎茸を二時間半かけて仕上げています。対馬名産の「どんこ椎茸」は原木椎茸特有の濃厚で芳しい香りと肉厚でコリコリした食感から『森のアワビ』と称される程。じっくりと時間をかけて丁寧に煮込むことで素材の旨味がじんわりと広がり、深い味わいが優しく染み渡る贅沢スープは「対州そば」との相性抜群!そばの風味・食感と、スープの旨味・食材が絶妙に絡み合う食欲そそる逸品です。

top-tshop.png
0
top-t_news.png
bnr-toshop.jpg